採用情報

  • 2017年06月27日2017年・中途採用/2018年春・新卒採用

    【採用条件や応募方法に関しては、当ホームページ右上のリンク「リクナビの弊社画面」をご覧ください】

    企業理念
    [雑誌づくりに没頭する]

    雑誌つくるのって面白いんですよ。街を歩いて、ネタ見つけて、取材して、記事書いて。ひたすら面白いからやってるわけです。ってわけで「将来のビジョン」なんてないので、面接の際は質問しないでくださいね。企業としてはイマイチなのかもしれませんね。毎日たくさん取材して、あれやこれや雑誌を作り続けて、日々てんてこ舞いしてます。まだまだつくりたい雑誌や本はいっぱいあるんですけどね。市場変化がどうのこうの、ITがつくる未来がどうなるのこうなるの、まあ人類の未来についてはIQ200くらいの天才たちに任せて、われわれは、自分たちがやりたいことをやってるだけです。それだけなんですよ。

    [劣等生の視点]
    田舎で本をつくっていると「地元を愛してるんですね」とか勘違いされること多いけど、そんな感じではないですね。田舎暮らしに幻想を抱いているのは都会の人だけですよ。夜中に蛾が飛び交い、蜘蛛やムカデがもぞもぞする田舎は嫌ですよ。ヤンキーが乗り回す軽ワンボックスカーや、昼間からパチンコ屋に入り浸るオッチャンたちに溢れる街。中心市街地や限界集落から人が消え、郊外ショッピングモールに人が群れる。どこにでもある地方都市の風景のなかで生きている「フツーの」人に脚光をあてます。全国大会で活躍する強豪校より、万年1回戦負けのチームにこそ、面白い何かがあるんじゃないかと嗅覚を研ぎ澄ませます。

    [アフリカの難民キャンプを継続支援]
    15年以上にわたり、アフリカの紛争地域であるシエラレオネ、リベリア、スーダンなどの難民・国内避難民キャンプの支援を続けています。NPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」と協働し、弊社商品「タウトク」が1冊売れるごとに3円を寄付しています。またNPO法人「ワールド・ビジョン・ジャパン」を通じ、アフリカ・南アジアの子どもに対し、自立するまでの期間の生活支援を行っています。欧米で乱射騒ぎがあればトップニュース、アフリカで数万人が殺戮されるような紛争があっても見向きもしない・・・そんな日本の風潮に少しは抵抗したい。

    [仕事はスポーツみたいなものです]
      一日中、文章を書いています。
    パン屋さんがパンを焼き、大工さんが家を建てるように、われわれは文章を書きつづけます。
    皆さんはSNSなどで文章を書く機会がけっこうあると思いますが、そういった自己表現系のとは真逆の文章です。
    他人の話を耳をすませて聞き、他人が経てきた経験や考え方をまとめ、その人生のストーリーをなぞります。
    ま、いわゆる「取材」ってヤツはそういうもんですけどね。
    ここんところ採用面接していると「自分の思いを伝えるために雑誌をつくりたい」なんてミュージシャンみたいなこと言いだすヤカラが増えて、面接官であるこちらが途方に暮れることが多くなりましたが。「自分の思い」とかどうでもいいのでね、他者や社会への興味がきちんとあれば、この仕事はできます。
    「3年我慢すれば何とかなる」なんて昭和世代の人はよく言うでしょ。根拠なさそうだけど、馬鹿にしたもんじゃないです。
    どんなスポーツでも芸術でも、個人的な趣味ですら、3年、5年、10年と続ければレベルが上がっていくでしょ。仕事も同じです。
    学歴なくても勉強できなくても、基礎トレきちんとやって、続ける根性(死語だろうなぁ)あれば、3年すればいっちょまえに近づきます。
    逆にね、すぐあきらめてしまう人なら、そりゃムリですね。
    毎日、素振り、筋トレ、ランニング、ノック、球拾い、用具磨きをやってない野球部員が、試合に出てヒット打てないのと同じです。
    好きなことなら何があっても耐えられます。どんなボロい職場でも、鬼のような先輩にどやされても、関係ないですね(ブラック感まんてん~!)。
    人間(自分を除く)への圧倒的な興味、それがあるのならこの仕事、向いてます。
    よっぽどヘンな人でも受け入れますよ。理念が一致してればね。ぜひいらしてください。

  • 2017年04月01日2018年春・採用情報

    【求める人物像・選考基準】

    「就職」しないでください。 

    たいした会社ではありません。 
    四国の小さな街で雑誌を作るという微妙な仕事をしています。 
    だから「会社に就職」しないでください。 

    雑誌を読むのが好きで、雑誌を作りたい人だけ集まってください。 
    世間では「紙媒体はあと30年いや20年いや10年かも」 
    などと評されています。 
    だから、まかりまちがっても、 
    あなたが60歳になるまで会社が存続するとは思えません。 

    「じゃーネットやスマホにコンテンツを展開するビジネスをすれば?」 
    ってよく言われます。 
    興味ないんっすよね。 
    アタマ古くさいんですよ。ただ雑誌が好きでやってるんですよ。 
    ビジネスとてして「出版社」を経営してるんじゃなくて、 
    ただ雑誌をおもしろがって作っているだけなんす。 

    いつか完全ペーパーレス、 
    完全デジタルな情報社会が地球を覆い尽くす日が来ても、 
    人類最後の紙媒体編集者として死にたいと思うわけです。 
    何万年後かに地層から掘り出されたときに、 
    「助手君、見たまえ。この人骨・・・ 
    人類最後の印刷物を手にしているようだの」 
    と博物館に展示されたい。 

    聞けば聞くほど、 
    わざわざ大学出てまで就職するには向かない会社でしょう。 
    雰囲気的には、 
    帰らぬ男を待つママがカウンターの隅で酔いつぶれている 
    時代に取り残された港町の場末のスナックみたいな場所です。 

    再度。 
    雑誌を作りたい人だけ集まってください。 
    人口80万人もいない県で、 
    月刊誌3本、隔週刊誌1本、季刊誌3本、 
    その他もろもろ発行しまくっている 
    マーケット感覚ゼロ、損得勘定できない、 
    あとさき顧みない、未来がまったく見えてないバカ集団です。 

    それでもよければ。

     

    【募集概要】

    職種
    雑誌編集、広告営業、雑誌・広告デザイナー

    主な仕事内容
    □雑誌編集
    おもしろい誌面企画を考え、読者を楽しませる仕事です。
    タウン情報誌や地域密着フリーペーパーの幅広い読者…中学生からおじいちゃん、おばあちゃんまで喜んでもらう企画を生み出すことは、生半可なことではありません。四六時中考え、街を歩き、人と話をし、流行を分析し、「おもしろいもの」を発見したときの快感は何物にも変えがたいものです。編集者は自ら企画立案し、取材し、撮影も行い、いろいろな人を巻き込みながら、誌面をつくっていきます。メディコムでは年間70本程度の印刷物を発行しています。アイデアを怒涛のように放出しなければ、そのすべてをおもしろい雑誌にすることはできません。 

    □広告営業
    おもしろい広告企画を考え、広告主に儲けていただく仕事です。
    広告主が汗水流して稼いだお金をいただくのだから、その何倍もの効果を返してさしあげたい!と考えるのが広告営業の悲願であり心の叫びです。同じ広告スペースでも、企画内容によって1000人のお客を呼べるものもあけば、反応ナシということだってあります。広告営業のプロは、ユニークな企画、冴え渡るコピーライティング、感性を刺激する写真やデザイン、そして立体的なイベントなど様々な手法を駆使しながら、最大の広告効果を生み出せるよう日夜努力しています。 

    □雑誌・広告デザイナー
    おもしろい誌面をデザインし、読者を幸せな気持ちにさせる仕事です。
    デザイナーというと、マッキントッシュの画面と格闘!というイメージがありますが、メディコムのデザイナーは「おもしろいことを考える」ことを大事にしています。編集者や広告営業が用意した素材をレイアウトする、という受けの姿勢ではなく、企画立案会議からどんどん首をつっこみ、商品が、広告がおもしろくなるようアイデアを出します。雑誌向けのエディトリアルデザイン、広告向けのグラフィックデザイン、イラスト制作など、仕事は多岐にわたります。デザインセンスだけでなく強い学習意欲がないと務まらない仕事です。

    勤務地
    本社(徳島市) 転勤はありません 
    【四国Uターン積極採用】 

    勤務時間
    裁量労働制(みなし労働時間 10時間)
    出社、退社時間は仕事の状況を踏まえ、各自が自主的に管理しています。

    応募資格
    普通自動車免許をお持ちで問題なく運転できること。 
    また原付バイクを問題なく運転できること。 
    ※取材、営業、販売などあらゆる場面で、自分自身で車・バイクを運転して現場に向かってもらいます

    採用人数
    1~5名


    【採用ステップ&スケジュール
    ■採用は通期で実施。 
    ■就業開始日は自己選択。 

    -----------------------
    ■採用スケジュール 

    リクナビにてエントリー 
    ▼ 
    【書類審査】 
    規定の応募書類「書類審査用紙」を提出。 
    「書類審査用紙」の提出方法は、返信メッセージにて通知。 
    ▼ 
    書類合否通知=書類到着から14日以内に合否連絡。(メールにて) 
    ▼ 
    【面接】 
    実施日時=毎週木曜に実施、14時開始~17時頃終了。祝日は除く。 
    面接日は自己選択。 
    会場=本社・徳島市中徳島町2-5-2 新聞放送会館6階 
    ▼ 
    合否通知=上記14日以内に合否連絡。(メールにて) 
    ※弊社からの採用試験ご案内は、PC発信の電子メールで行います。 
    あなたの携帯・スマホで「medicomm」ドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いします。

     

     

    【給与・福利厚生(待遇)】

    給与
    大学院卒、大学卒、短大卒、専門卒、高専卒  
    2016年4月 月給18万円以上(入社3カ月目に査定あり) 
    ※固定残業代含む(月44時間分、4万2857円/時間超過分は追加支給)
    諸手当
    メディコムでは諸手当はありません。 
    昇給  
    給与査定は年1回ありますが、昇給とは限りません。 
    当社は業績推移を随時社員に情報公開しながら、業績の状況により随時再査定を行っています。 
    社員の責任範囲の拡大、また責任負荷の変化により、随時再査定します。
    賞与
    業績連動型 
    ※当社は3月決算です。1~2月にかけて決算予測をおこない、その時点で経常利益の予測額(その年の儲け)を算出します。その儲けのうち少なくとも33%を、社員・アルバイトに賞与として還元する、というルールです(直近3年間の実績では、経常利益の50%以上を賞与にあてています)。赤字ならば賞与はゼロ、利益が多く出れば連動して賞与も増えます。利益は自分の手でたたき出します。損失も自分の責任。儲かれば取る、儲からなければ取らないという考えを徹底しています。 
    会社業績が直接賞与に反映されるので、社員は会社業績への意識を高く持ちます。
    休日休暇
    月6日以上 ※年間休日104日 
    有給休暇 
    特別有給休暇・・・結婚休暇、忌引休暇、産前産後休暇、育児休業、リフレッシュ休暇、介護休業など
    保険
    健康保険、雇用保険、厚生年金、労災保険
    福利厚生
    退職金制度(最低資格勤続5年)、社員旅行