ARCHIVES

2017年4月

  • 婚約&結婚リング100☆ とくしま 結婚しちゃお!夏号
    1705_kekkon

    ■結婚式をサポートしてくれる心強い味方!
    徳島・淡路で活躍するプランナー名鑑
    ■徳島の人気ジュエリーショップの
    婚約&結婚リング ベストセレクト100
    ■徳島の花嫁の本音リサーチ
    こうして乗り切った!結婚トラブル解決法
    ■前撮りプラン 和装と洋装、どっちを選ぶ?
    ■お得な予約特典あり! 人気の二次会会場

     

  • 四国・淡路島のおでかけ最新情報 タウトク5月号
    1705_tautoku_w

    ■四国・淡路島のおでかけ最新情報
    遊園地、動物園、水族館、観光牧場、テーマパーク、サファリパーク・・・日帰り圏内、予約なしでお出かけできる40スポットを掲載。新アトラクション、期間限定イベントも盛りだくさん!
    ■四国・淡路島の最新スポット第二弾
    オープン間もない四国・淡路島のレジャースポット&徳島の新店
    ■ミス制服グランプリ開幕
    新入生スペシャル&新学期版スタート!
    ■リメンバー!とくしまマラソン
    ウケるための極限の努力!仮装ランナー&ユニークランナー

  • もっと!春を満喫する休日 さらら4/20号
    0420_salala-w

    ■もっと!徳島を遊ぶ休日
    海の幸を堪能、草木を愛でる…
    ■旬の徳島うまワザうれシピ
    テーマは「春キャベツ」
    ■「おぎゃっと21」へ行こう!
    ■ 梅雨前にハウスクリーニングを
    ■桜エビと豆の春色ごはん

  • 好きよ、雑貨。CU5月号
    1705_CU

    ■好きよ、雑貨。
    あの人にぴったりなアイテムに出会えた喜び、
    わたしだけのお気に入りを見つけた幸せ。
    カフェ×雑貨/インテリア×雑貨/個性派ショップ/心躍るときめきアイテム/アジアン雑貨
    ■イオンモール徳島の情報ひとまとめ!
    ■とくマラ女子に見る
    ランナーのリアルファッション

  • 新阿波めし探訪。徳島人5月号
    1705_JIN_re

    ■新阿波めし探訪
    徳島ならではの料理といえば、「そば米汁」や「半田そうめん」などのふるさとの味。一方で「徳島ラーメン」や「豆天玉」など、現代を代表するご当地グルメもある。今、地元めしとして注目すべきは、店主がアイデアを凝らし開発したオリジナル料理。また食べたいと思わせる巧妙なスパイスがきいた「新阿波めし」に迫る。
    ■とくしまマラソン2017
    1万2454人の熱走の記録

  • タウトク・CU・徳島人3月号 実売部数報告

    月刊タウン情報トクシマ3月号、月刊タウン情報CU3月号、
    徳島人3月号の実売部数報告です。

    タウトク3月号の売部数は、6,445部
    1703_タウトク部数報告

    CU3月号の売部数は、4,657部
    1703_CU部数報告

    徳島人3月号の売部数は、4,487部
    1703_徳島人部数報告
    でした。

    詳しくは、リンクファイルをクリックしてください。
    長らく雑誌の実売部数はシークレットとされてきました。雑誌は、その収益の多くを広告料収入に頼っているためです。実際の販売部数と大きくかけ離れ、数倍にも水増しされた「発行部数」を元に、広告料収入を得てきた経緯があります。メディコムでは、その悪習を否定し、「月刊タウン情報トクシマ」「月刊タウン情報CU」「徳島人」「結婚しちゃお!」「徳島の家」の実売部数を創刊号から発表しつづけています。

  • 人生いろいろ、味噌汁もいろいろ。さらら4/6号
    0406_salala-w

    ■おうちの物語が詰まってます
    元気になるうちんくのお味噌汁
    ■春だからこそ、新しいモノ
    新しいコト。「ハジメル。」
    ■10代に通じなかった言葉
    ■ わたをの「暮らしは楽しむもの」
    ■菜の花たっぷりミモザ風春サラダ

  • バカロードその105 瀬戸内行脚前編 ひま人ジャーニー

    文=坂東良晃(タウトク編集人、1967年生まれ。1987年アフリカ大陸を徒歩で横断、2011年北米大陸をマラソンで横断。世界6大陸横断をめざしてバカ道をゆく)

     「瀬戸内行脚(せとうちあんぎゃ)」は、愛媛の瀬戸内海沿岸を舞台に、走ることをこよなく愛するランナーが集結した超長距離レースである。2014年に初開催され、香川県の高松港から愛媛県松山市間の217kmで行われた。翌年の第2回大会からは、瀬戸内海の島をめぐる現在のコースに変更された。松山市の道後温泉本館前をスタートし、しまなみ海道の起点となる今治市中心部を経由して、3本の長大橋を越えながら大島、伯方島、大三島の3島をおおむね一周していく。復路は、伊予灘沿いを南下し、松山市のド真ん中・大街道で222kmのゴールを迎える。

  • バカロードその104 スパルタスロンその3 輝ける峰へよろよろと 
    文=坂東良晃(タウトク編集人、1967年生まれ。1987年アフリカ大陸を徒歩で横断、2011年北米大陸をマラソンで横断。世界6大陸横断をめざしてバカ道をゆく)
    (前号まで=2500年前のペルシア戦争時、ギリシャ・アテナイ国兵士が援軍を求めてスパルタ国まで駆けたという逸話を元に、247kmを36時間以内に走るレース・スパルタスロン。6度続けてリタイア中のぼくは、7度目の挑戦真っただなか。日中に先を急ぎすぎたためか、110kmを過ぎて夜行軍がはじまると、完全に潰れてしまう。山の村にある小さなレストランで「5分だけ・・・」と床に横にならせてもらうが、フカフカの枕を出されて心は休眠モードに)