ARCHIVES

2019年3月

  • ベーカリーのある暮らし。CU4月号

    ■ベーカリーのある暮らし。
    新顔ベーカリーや曜日限定、食パン自慢、カフェスペースが充実したパン屋さんなど気になるお店が勢揃い!
    ■ちょい旅 第2段
    新店や素敵スポットを目指してお出かけ!
    ■モデルハウス見学へGO!
    マイホームの第一歩、子育て世代必見です
    ■チェンジ!
    春のキレイ計画ビューティー編・門出にふさわしいグルメ・レッスン・アイテムなど

  • お花見ドライブ 徳島人4月号

    ■お花見ドライブ
    行楽におすすめのスポットや静かなダムの湖畔、山奥の集落などをめぐり、あわせて足を運びたい近隣の食事処や湯処などもご紹介。
    ■ウォーキングイベント
    1000人もの参加者が集う大規模な大会から、歴史のいわれ深い場所をガイドつきで歩く催しなどタイプは様々。自分の体力や興味にあったイベントへ行ってみよう。
    ■介護の専門職に密着

  • タウトク・CU・徳島人2月号 実売部数報告

    月刊タウン情報トクシマ2月号、月刊タウン情報CU2月号、
    徳島人2月号の実売部数報告です。
     

    タウトク2月号の売部数は、4,833
    1902_タウトク部数報告

    CU2月号の売部数は、4,220部
    1902_CU部数報告

    徳島人2月号の売部数は、4,203部
    1902_徳島人部数報告
    でした。


    詳しくは、上部のファイルをクリックしてください。

    長らく雑誌の実売部数はシークレットとされてきました。雑誌は、その収益の多くを広告料収入に頼っているためです。実際の販売部数と大きくかけ離れ、数倍にも水増しされた「発行部数」を元に、広告料収入を得てきた経緯があります。メディコムでは、その悪習を否定し、「月刊タウン情報トクシマ」「月刊タウン情報CU」「徳島人」「結婚しちゃお!」「徳島の家」の実売部数を創刊号以来、発表しつづけています。

  • 結婚しちゃお!冬号 実売部数報告

    結婚しちゃお!冬号 実売部数報告です。
    結婚しちゃお!冬号の売部数は、186部でした。
    19冬号_結婚しちゃお!部数報告書

    詳しくは、リンクファイルをクリックしてください。

    メディコムは、「月刊タウン情報トクシマ」「月刊タウン情報CU」「徳島人」「結婚しちゃお!」「徳島の家」の実売部数を創刊号から発表しつづけています。

    雑誌の実売部数を発行号ごとに速報として発表している出版社は、当社以外では日本には一社もありません。実売部数は、シェア占有率を算出し、媒体影響力をはかるうえで最も重要な数値です。他の一般的な業界と同様に、出版をなりわいとする業界でも正確な情報開示がなされるような動きがあるべきだと考えています。わたしたちの取り組みは小さな一歩ですが、いつかスタンダードなものになると信じています。

  • バカロードその129 嵐をこじあけろ! ~スパルタスロン2018~

    文=坂東良晃(タウトク編集人。1987年アフリカ大陸5500km徒歩横断、2011年北米大陸横断レース5139km完走。人類初の自足による地球一周(喜望峰→パタゴニア4万km)をめざし、バカ道をゆく)

    (前号まで=毎年9月、地中海に面したギリシャで行われる総距離246.8km、制限36時間の超長距離マラソンレース・スパルタスロン。8年連続リタイア中の僕は、9回目の挑戦の途上にある。100km地点を10時間29分でクリアしたものの、標高を増していく道は、稲妻が降り注ぐ嵐の巣へと向かっているようだった)

  • バカロードその128 稲妻に突っこめ! ~スパルタスロン2018~

    文=坂東良晃(タウトク編集人。1987年アフリカ大陸5500km徒歩横断、2011年北米大陸横断レース5139km完走。人類初の自足による地球一周(喜望峰→パタゴニア4万km)をめざし、バカ道をゆく)

    (前号まで=毎年9月、地中海に面したギリシャで行われる総距離246.8km、制限36時間の超長距離マラソンレース・スパルタスロン。何度挑戦しても完走できず、8年連続リタイア中である僕は、大エイドを素通りする荒技で戦局の打開をくわだてる)

  • さらら3/7号は、個性あふれる!わが家族のエピソード

    ■個性あふれる家族トーーク!
    「わが家の○○な人々」
    徳島で暮らす方々にお聞きした、愛すべき家族の謎ルールや驚くべき一言
    ■家具も寝具も雑貨も「快適新生活」
    ■お花見へ「春爛漫のお弁当を持って」
    ■ケアのヒント「きれいの魔法」
    ■「カラダがよろこぶプチ習慣」