ARCHIVES

2016年12月

  • とくしまのうまいもん 百うま認定シリーズ第一弾 タウトク1月号
    1701_tautoku_w

    とくしまのうまいもん 百うま認定!シリーズ第一弾
    「絶対おいしいけん」の噂は本当だった。納得の絶品グルメシリーズ開幕です!
    ■ちょっと街な!
    徳島内のローカルなニュースをお届け!気になるお店や新たな発見があるはず。
    ■高校ラグビー徳島県予選
    ノーサイドの瞬間までボールを追いかけ、全力でぶつかった選手たちの姿をお届け。

  • 新年を迎えるためにしていることは? さらら12/15号
    1215_salala-w

    ■新年を迎えるためにしていること
    「2017年 わが家の歳時記」
    ■「うまワザうれシピ!」テーマは白菜
    ■新年も良い年に「とくしま新春祈願
    振り込め詐欺に注意!
    ■ 徳島県民アベレージ
    ■ 小豆を使ったかぼちゃのいとこ煮
     

  • 道の駅。徳島人1月号
    1701_JIN_re

    ■四国、道の駅めぐり
    その土地ならではの特産品をこれでもかとばかりに集めた道の駅。温泉や美術館などを併設し、一日遊べる場所もあり。魅力あふれる四国の道の駅を旅しました。
    ■宅配弁当と食材
    食事療法、高齢者、アレルギー対策。食生活をサポートしてくれるお弁当・食材の配達サービスをご紹介。

  • 女子が集まる店。CU1月号
    1701_CU

    わがままな女子たちの欲望を満たす素敵なお店が大集合。
    ■女子が集まるランチ
    ■人気ドラッグストアの売れ筋アイテム
    ■お得感のあるもの
    ■暮らしの中の天然素材
    ■心惹かれる女子レッスン
    ■開運を呼ぶパワースポット
    ■淡路島・洲本レトロこみちめぐり

  • バカロードその101 四国横断ど真ん中編 その3

    文=坂東良晃(タウトク編集人、1967年生まれ。1987年アフリカ大陸を徒歩で横断、2011年北米大陸をマラソンで横断。世界6大陸横断をめざしてバカ道をゆく)

    (前号まで=吉野川河口から愛媛県の宇和島市まで330km。四国の山岳地帯を東西に貫く走り旅にでかけた。出発から270km、深夜の四国カルストからの峠の下りで、道路から崖下へと落下する。奇跡的というかマグレで道路の1m下の突起に着地したのは良かったが、膝頭がソフトボールの球みたいに巨大に腫れてきた) 
     人間の痛覚っておもしろいですよ。200km以上走るレースではよく体験することだけど、からだじゅうアチコチ傷めてるのに、痛みを感じるのって1カ所だけ。いちばん痛い部位だけなんですよね。たとえば転倒して、ぱっくり開いた傷口から血がダラダラ流れているのに、そこより痛い場所が別にあれば、傷口はまったくの無痛なんですよ。
  • タウトク・CU・徳島人11月号 実売部数報告

    月刊タウン情報トクシマ11月号、月刊タウン情報CU11月号、
    徳島人11月号の実売部数報告です。

    タウトク11月号の売部数は、6,082部
    1611_タウトク部数報告

    CU11月号の売部数は、5,055部
    1611_CU部数報告

    徳島人11月号の売部数は、4,817部
    1611_徳島人部数報告
    でした。

    詳しくは、リンクファイルをクリックしてください。
    長らく雑誌の実売部数はシークレットとされてきました。雑誌は、その収益の多くを広告料収入に頼っているためです。実際の販売部数と大きくかけ離れ、数倍にも水増しされた「発行部数」を元に、広告料収入を得てきた経緯があります。メディコムでは、その悪習を否定し、「月刊タウン情報トクシマ」「月刊タウン情報CU」「徳島人」「結婚しちゃお!」「徳島の家」の実売部数を創刊号から発表しつづけています。

  • 結婚しちゃお!秋号 実売部数報告

    結婚しちゃお!秋号 実売部数報告です。
    結婚しちゃお!秋号の売部数は、435部でした。
    16秋号_結婚しちゃお!
    詳しくは、リンクファイルをクリックしてください。

    メディコムは、「月刊タウン情報トクシマ」「月刊タウン情報CU」「徳島人」「結婚しちゃお!」「徳島の家」の実売部数を創刊号から発表しつづけています。

    雑誌の実売部数を発行号ごとに速報として発表している出版社は、当社以外では日本には一社もありません。実売部数は、シェア占有率を算出し、媒体影響力をはかるうえで最も重要な数値です。他の一般的な業界と同様に、出版をなりわいとする業界でも正確な情報開示がなされるような動きがあるべきだと考えています。わたしたちの取り組みは小さな一歩ですが、いつかスタンダードなものになると信じています。

  • 下半身をあたためて、冬を快適に。さらら12/1号
    1201_salala-w

    ■足元を温めて冬を快適に!
    足元からやってくる冷え対策
    あったかグッズや温テクをご紹介
    ■年末年始は“プレミアム”なひと時を
    ■「冬の宴会盛り上がりグルメ」
    小学校「新入学の準備はOK?」
    ■ 紙粘土でクリスマスオーナメント