徳島人

  • 2018年11月14日心温もるモーニングと朝定食 徳島人12月号
    1812_JIN_re

    心温もるモーニングと朝定食
    早起きした朝。美味しい朝ごはんを食べれば気分はゴキゲン。充実した一日のスタートに、とっておきのモーニングを。
    ■泉質が評判の湯処へ
    冬は湯の花が浮かぶ白濁の湯や、化粧水のようなトロトロのアルカリ泉といった泉質のいい名湯に浸かりたい。愛媛県と香川県で噂の湯処をご紹介。

  • 2018年10月12日秋空ウォーキング 徳島人11月号
    1811_JIN_re

    秋空ウォーキング
    ピンクや白の可憐な花を咲かせるコスモス畑に癒やされたり、昔ながらの店が並ぶ旧街道で地元の名物をつまみ食いしたり。たくさんのお楽しみに満ちた秋のウォーキングに、いざ出発!
    ■いっとこかっとこ
    徳島の新しい店やサービスをチェック
    ■新入社員が見た!意味不明な会社と上司

  • 2018年09月14日手みやげ 徳島人10月号
    1810_JIN_re

    ■あげたらごっつい歓ばれた「手みやげ」
    誰かの家を訪れる時、手ぶらで行くんもなんやなーって考えること、よくありますよね。気軽に持って行ける美味しい手みやげをセレクトしました。本当に喜ばれるものが大集結。
    ■いっとこかっとこ
    徳島の新しい店やサービスをチェック
    ■介護サービスと高齢者向け施設を知る

  • 2018年08月10日おふくろの味 徳島人9月号
    1809_JIN_re

    ■おふくろの味
    優しさの味に触れたい時、近くでふらりと立ち寄れる「おふくろの味」が愉しめる店があったら嬉しいもの。懐かしの味に浸れる食事処をご紹介。
    ■蕎麦処を訪ねて 第二弾
    ■うちんくの「困った」を大解決

  • 2018年07月13日水をめぐる旅 徳島人8月号
    1808_JIN

    ■水をめぐる旅
    山襞の脆弱な部分からそっと湧き出した最初の1滴が枯れ葉を伝い、小川となり、滝となり、淵となって、いつしか海と見紛うほどに満々たる水をたたえる。この奇跡のような自然の物語を、下流から上流に向かって逆再生する旅に出よう。
    ■蕎麦処を訪ねて〈第一弾〉
    街の食堂やドライブイン、日帰り湯処まで…
    気軽に立ち寄れる蕎麦屋さんを発掘。

  • 2018年06月14日島旅 徳島人7月号
    1807_JIN

    ■島旅
    手つかずの自然が生み出す絶景、いにしえの姿が残る町並み、陽気で温かな島人、美味しい海の幸…。訪れなければ味わえないもの、知ることができないものがある。この夏、知的好奇心を満たす島旅へ出かけよう。

  • 2018年05月11日食堂が好き。 徳島人6月号
    1806_JIN_re

    オトナ食堂
    好きなおかずが選べるセルフの店から、昭和の風吹く大衆食堂、誰もが行ける社員食堂、話題の新店まで、行きつけにしたくなる食堂を集めました。
    ■大切な“歯”のケア
    ホワイトニングやインプラントなど歯にまつわる気になるワードについて、歯科クリニックの院長先生にインタビュー。大切な歯を守って笑顔の毎日を送ろう。

  • 2018年04月16日マニア湯めぐり 徳島人5月号
    1805_JIN_re

    ■マニア湯めぐり
    ふつうのお風呂に飽きた人におくる、知る人ぞ知る秘湯・珍湯。ロケーションに驚く湯処から地元民に愛される昭和の風吹く銭湯まで、温泉通をもうならせる湯めぐりの旅へ。
    ■スグレモノ百貨店

    つくり手の思いが刻まれたものたち。商品やサービスが本来持つ価値をひも解き、魅力を掘り下げていく。

  • 2018年03月14日和菓子の心 徳島人4月号
    1804_JIN_re

    ■和菓子の心
    姿形や素材で日本の四季を表現する和菓子。そこには何世代にもわたり受け継がれる職人技が光る。誰もが知る名物から趣向を凝らした新商品まで、手仕事が魅せる奥深き和菓子の世界を心ゆくまでご堪能あれ。
    ■阿波地美栄との出会い
    ■とくしまマラソン細かすぎるコースガイド
    ■介護保険制度改正でどうなる?

  • 2018年02月14日 ご近所スーパーがすごい! 徳島人3月号
    1803_JIN_re

    ■ご近所スーパーがすごい! 
    地域のおっちゃん・おばちゃんが営むスーパーには、訪れる人の心を掴んで離さないこだわり満載。小旅行気分でわざわざ出かけたくなる、あの街この街のスーパーをご紹介。
    ■徳島ラーメン歴史的名店の系譜
    作り手の世代が代わり、客の世代が移り変わろうとも愛され続ける一杯がある。歴史に名を残す老舗を主軸に創業からの物語を紐解く。

  • 2018年01月12日徳島花ごよみ春夏秋冬 徳島人2月号
    1802_JIN_re

    徳島花ごよみ春夏秋冬
    満開の桜が儚く散りゆけば、五月雨がしっとりあじさいを濡らす。照りつける太陽の下でヒマワリが元気いっぱい開花したら、コスモスが秋風に揺れ始める。山々は燃えるように紅葉し、また巡りくる芽吹きの季節に向けて力を蓄える。四季折々の花の名所百十一景をご紹介。
    ■頼れる歯医者さん
    ■介護施設のすがお

  • 2017年12月12日売切御免の品 徳島人1月号
    1801_JIN_re

    売切御免の品
    開店直後からお客さんが続々と訪れ、こぞって注文するメニューがある。料理人が心を込めて生み出した逸品。一度頬張れば忘れられなくなる味わいを集めました。
    ■開運!餅つき&餅投げ行事
    毎冬いろんな場所で餅関連のイベントを開催。県内18カ所で行われる餅つきと餅投げを紹介します。

  • 2017年11月14日発酵食の力。徳島人12月号
    1712_JIN_re

    ■発酵食の力
    発酵食とは微生物が持つ発酵作用を利用した食品。伝統の製法で仕込む醤油や味噌、麹と水で作る素朴な甘酒など、先人の知恵とともに今日まで受け継がれている。奥深き発酵の世界を紐解く。
    ■住宅生活を支える介護サービスとかかるお金

     

  • 2017年10月13日心の贅沢宿 徳島人11月号
    1711_JIN

    心の贅沢宿
    おいしい食事と大浴場つき、1万円以下の宿を厳選。五感で愉しむ華やかな料理、身体をほぐす癒やしの温泉、羽を伸ばせるくつろぎの部屋。三拍子揃う至福の湯宿へ出かけよう。
    昼飲みできる大衆酒場と食堂
    明るいうちから杯を交わす贅沢時間。

  • 2017年09月14日絶景へ。 徳島人10月号
    1710_JIN_re

    絶景へ。
    自然が生み出した造形美、先人たちの手で築かれた見事な建築、熱気に圧倒される秋祭り…。自分で足を運び、その地に立ってこそわかる大きな感動がそこにある。
    徳島ゴルフ場ガイド
    爽やかな秋風とともに、ゴルフのベストシーズンが到来。お得なプラン、レッスン情報など、ゴルフ場や練習場選びに役立つ情報を集めました。

  • 2017年08月10日玉子を知り、食す 徳島人9月号
    1709_JIN_re

    玉子を知り、食す
    「たまご」と聞いて思い浮かぶものは人それぞれ。たまごかけご飯、オムライス…と姿かたちを自在に変え、いつの時代も、どの世代にも愛される食材。またその背景には、美味しいたまごを世に送りだす生産者の姿がある。普遍の存在であるたまごについて紐解く。

  • 2017年07月12日セルフうどん大研究。徳島人8月号
    1708_JIN_re

    セルフうどん大研究
    選択肢が豊富で手軽に味わえ、さらにリーズナブルと三拍子そろったセルフうどん。県内各店の魅力を研究すべく徹底取材。店主に「そこまで答える必要あるん?」と訝しがられながらインタビューした調査結果をレポートします。
    在宅生活を支える介護施設
    慣れ親しんだ自宅で暮らしている要介護者やその家族にとって、介護保険サービスの利用は欠かせません。ここでは4つの事業所が展開している介護施設を紹介します。

  • 2017年06月14日四国、淡路の岬めぐり。徳島人7月号
    1707_JIN_re

    ■四国、淡路の岬めぐり。
    四国本土から突起した、いくつもの岬。自由気ままに、風まかせに。旅情を誘う岬へと、ぶらり日帰り旅に出かけよう。
    ■魚の旨い店
    日常的に新鮮な魚介を食す、我ら徳島県民の舌を唸らせる店を紹介する。

  • 2017年05月12日オトナの手習い。徳島人6月号
    1706_JIN_re

    ■オトナの手習い
    そば打ち、豆腐作り、石窯ピザ焼き、写経、陶芸、ロッククライミング、乗馬、瓦割り…徳島と淡路島で大人の好奇心を刺激する学びの場を紹介。夢中になれることを見つけよう。
    ■珠玉のシュークリームを求めて
    シュー皮の中にクリームを入れた愛されスイーツ。使う素材はシンプルだが、職人の腕により味も食感も千差万別。徳島各地のシュークリームの人気店をご紹介。

  • 2017年04月14日新阿波めし探訪。徳島人5月号
    1705_JIN_re

    ■新阿波めし探訪
    徳島ならではの料理といえば、「そば米汁」や「半田そうめん」などのふるさとの味。一方で「徳島ラーメン」や「豆天玉」など、現代を代表するご当地グルメもある。今、地元めしとして注目すべきは、店主がアイデアを凝らし開発したオリジナル料理。また食べたいと思わせる巧妙なスパイスがきいた「新阿波めし」に迫る。
    ■とくしまマラソン2017
    1万2454人の熱走の記録