徳島人

  • 2019年10月11日行樂の秋 藝術の秋 食慾の秋 徳島人11月号

    ■行樂の秋 藝術の秋 食慾の秋
    フランス映画やジャズ、アートに親しむ日があれば、カフェで一人静かに読書にふけるのも秋らしい過ごし方。美味しいモノが集まるマルシェの開催も目白押し。秋のおでかけ計画に役立つ情報をご紹介します。
    ■秋の穫れたてを探しに
    松茸、戻り鰹、いくら、レンコン、栗、鳴門金時…、旬の味覚を食べつくす

    P34の瀬戸内国際芸術祭2019の記事内に記載もれがありました。
    ●The Naoshima Plan 2019 「水」は、PHOTO:Tadasu Yamamoto
    ●犬島「家プロジェクト」A邸は、PHOTO:Yoshikazu Inoue
    ●犬島「家プロジェクト」C邸は、PHOTO:Yoshikazu Inoue

  • 2019年09月13日港町ぶらり美食旅 徳島人10月号

    ■港町ぶらり美食旅
    皿の上でツヤツヤと光るぶ厚い刺身に、魚のアラを豪快に使った味噌汁。豊かな漁場に恵まれた漁師町だからこその“うまいもん”を求めて
    徳島の海岸線をいざ行かん!
    ■オトナモール
    大人たちのココロをくすぐる良品やサービスたち。
    ■初めての介護保険サービス
    頼りになる介護保険サービスを上手に活用できるよう、申請方法や利用の仕方などを分かりやすく紹介。

  • 2019年08月09日わが街グルメ 徳島人9月号

    わが街グルメ
    その土地で生まれ、人びとに愛される“わが街グルメ”を大調査。その向こうにはあったかい人情がありました。
    ■つくり手の心、食に宿る
    徳島人の創意工夫と努力によって生み出される食品の数々。経営者や開発者がどんな意思をもち、どのような人の手により製品化されているのか紐解きます。

  • 2019年07月12日阿波の冷やこい麺 徳島人8月号

    ■阿波の冷やこい麺
    暑い夏の日、ふと食べたくなるのは、つるんと清涼感ある麺料理。うどん、冷やし中華、そうめん、冷やしラーメンなどジャンルを問わずご紹介。
    ■介護施設のすがお
    介護が必要な高齢者やその家族をサポートしている介護施設。5つの介護施設を訪問し、そのすがおに迫りました。
    ■日本の夏を体感する伝統行事
    秘境と呼べる深い緑に覆われた里山、清らかな水の近く。たとえアクセス困難な場所でさえも、一度は目にしたい祭り、参加したい行事がある。

  • 2019年06月14日低山を登ろう 徳島人7月号

    ■低山を登ろう 
    歩行時間は最短10分~1時間前後。道標や登山道が整備された展望のいい山をピックアップ。
    ■愛しのソフトクリーム
    夏本番を目前に、県内と淡路島で評判のソフトクリームをご紹介。定番のバニラから地元特産品を使った個性派まで、わざわざ足を運んでも食べたい逸品が集結。

  • 2019年05月14日昭和のごちそう 徳島人6月号

    ■昭和のごちそう
    オムライスや中華そば、ナポリタンなど昭和の趣を感じる昔懐かしいご馳走を紹介。
    ■徳島県内の駄菓子屋さん16軒
    幼少期の思い出が蘇る徳島の駄菓子屋さんを多く紹介。
    ■福祉用具あれこれ
    介護で必要な寝具や車イスなど様々な器具を紹介。
    ■健康な歯のためにできること
    予防歯科などで大切な歯を虫歯や口腔がんから守る。

  • 2019年04月12日庭づくりとガーデニング 徳島人5月号

    ■庭づくりとガーデニング
    個人の庭を一般公開するオープンガーデンの情報のほか、花苗とガーデニンググッズを販売するショップ、ガーデンカフェなどを紹介。自分好みの花やグリーンを集めて植物のある暮らしをはじめてみよう。
    ■スグレモノ百貨
    つくり手の思いが刻まれたものたち
    ■わが町ビッグフェス

  • 2019年03月14日お花見ドライブ 徳島人4月号

    ■お花見ドライブ
    行楽におすすめのスポットや静かなダムの湖畔、山奥の集落などをめぐり、あわせて足を運びたい近隣の食事処や湯処などもご紹介。
    ■ウォーキングイベント
    1000人もの参加者が集う大規模な大会から、歴史のいわれ深い場所をガイドつきで歩く催しなどタイプは様々。自分の体力や興味にあったイベントへ行ってみよう。
    ■介護の専門職に密着

  • 2019年02月14日産直レストラン 徳島人3月号

    ■地域の台所
    産直市に併設するレストランや、果樹農園が営むカフェ、地域おこしの役割を果たす食堂まで、地産地消のごちそうを求めて人が集うスポットをご紹介。
    ■徳島の終活&葬祭事情
    マイエンディング
    ■特別なお店との出会い
    つながるマーケット

  • 2019年01月11日ご利益開運祈願 徳島人2月号

    ■ご利益開運祈願
    開運スポットと呼ばれる場所をご利益別にご紹介。自分の願い事、悩み事にあった場所を探して出かけよう。受験にゲンを担ぐ和菓子や恵方巻きなど縁起のよい食べ物も集めました。
    ■ほっこり、ぜんざい。
    ■かかりつけ歯科クリニック
    ■今こそ設備投資を考える

  • 2018年12月14日究極の逸品 徳島人1月号

    ■究極の逸品
    口に入れた瞬間から、夢中にさせる味わいがある。「あぁ、また食べたいなぁ」と恋しくさせる、究極の逸品を集めました。
    ■泉質が評判の湯処へ
    前号に引き続き、特に泉質がいいと噂される温泉をご紹介。今回は高知県と徳島県編。自分好みの湯処を探してみて。

  • 2018年11月14日心温もるモーニングと朝定食 徳島人12月号
    1812_JIN_re

    心温もるモーニングと朝定食
    早起きした朝。美味しい朝ごはんを食べれば気分はゴキゲン。充実した一日のスタートに、とっておきのモーニングを。
    ■泉質が評判の湯処へ
    冬は湯の花が浮かぶ白濁の湯や、化粧水のようなトロトロのアルカリ泉といった泉質のいい名湯に浸かりたい。愛媛県と香川県で噂の湯処をご紹介。

  • 2018年10月12日秋空ウォーキング 徳島人11月号
    1811_JIN_re

    秋空ウォーキング
    ピンクや白の可憐な花を咲かせるコスモス畑に癒やされたり、昔ながらの店が並ぶ旧街道で地元の名物をつまみ食いしたり。たくさんのお楽しみに満ちた秋のウォーキングに、いざ出発!
    ■いっとこかっとこ
    徳島の新しい店やサービスをチェック
    ■新入社員が見た!意味不明な会社と上司

  • 2018年09月14日手みやげ 徳島人10月号
    1810_JIN_re

    ■あげたらごっつい歓ばれた「手みやげ」
    誰かの家を訪れる時、手ぶらで行くんもなんやなーって考えること、よくありますよね。気軽に持って行ける美味しい手みやげをセレクトしました。本当に喜ばれるものが大集結。
    ■いっとこかっとこ
    徳島の新しい店やサービスをチェック
    ■介護サービスと高齢者向け施設を知る

  • 2018年08月10日おふくろの味 徳島人9月号
    1809_JIN_re

    ■おふくろの味
    優しさの味に触れたい時、近くでふらりと立ち寄れる「おふくろの味」が愉しめる店があったら嬉しいもの。懐かしの味に浸れる食事処をご紹介。
    ■蕎麦処を訪ねて 第二弾
    ■うちんくの「困った」を大解決

  • 2018年07月13日水をめぐる旅 徳島人8月号
    1808_JIN

    ■水をめぐる旅
    山襞の脆弱な部分からそっと湧き出した最初の1滴が枯れ葉を伝い、小川となり、滝となり、淵となって、いつしか海と見紛うほどに満々たる水をたたえる。この奇跡のような自然の物語を、下流から上流に向かって逆再生する旅に出よう。
    ■蕎麦処を訪ねて〈第一弾〉
    街の食堂やドライブイン、日帰り湯処まで…
    気軽に立ち寄れる蕎麦屋さんを発掘。

  • 2018年06月14日島旅 徳島人7月号
    1807_JIN

    ■島旅
    手つかずの自然が生み出す絶景、いにしえの姿が残る町並み、陽気で温かな島人、美味しい海の幸…。訪れなければ味わえないもの、知ることができないものがある。この夏、知的好奇心を満たす島旅へ出かけよう。

  • 2018年05月11日食堂が好き。 徳島人6月号
    1806_JIN_re

    オトナ食堂
    好きなおかずが選べるセルフの店から、昭和の風吹く大衆食堂、誰もが行ける社員食堂、話題の新店まで、行きつけにしたくなる食堂を集めました。
    ■大切な“歯”のケア
    ホワイトニングやインプラントなど歯にまつわる気になるワードについて、歯科クリニックの院長先生にインタビュー。大切な歯を守って笑顔の毎日を送ろう。

  • 2018年04月16日マニア湯めぐり 徳島人5月号
    1805_JIN_re

    ■マニア湯めぐり
    ふつうのお風呂に飽きた人におくる、知る人ぞ知る秘湯・珍湯。ロケーションに驚く湯処から地元民に愛される昭和の風吹く銭湯まで、温泉通をもうならせる湯めぐりの旅へ。
    ■スグレモノ百貨店

    つくり手の思いが刻まれたものたち。商品やサービスが本来持つ価値をひも解き、魅力を掘り下げていく。

  • 2018年03月14日和菓子の心 徳島人4月号
    1804_JIN_re

    ■和菓子の心
    姿形や素材で日本の四季を表現する和菓子。そこには何世代にもわたり受け継がれる職人技が光る。誰もが知る名物から趣向を凝らした新商品まで、手仕事が魅せる奥深き和菓子の世界を心ゆくまでご堪能あれ。
    ■阿波地美栄との出会い
    ■とくしまマラソン細かすぎるコースガイド
    ■介護保険制度改正でどうなる?